一年以上働いている人が対象です

アルバイトの人でも、一定の条件を満たした場合には失業保険に頼ることができます。こうした社会保険は、何も正社員だけのものではないのです。そのことを知らずに、雇用保険をかけずにアルバイトをしている人が世の中には多いです。バイトでもきちんと雇用保険に入れてくれるところで働くようにしましょう。保険が適用されるのは、一年以上の加入期間がある人だけです。ですから、短期バイトでは保険金は支払われないということになります。長期の場合に限りますから、あまり早くバイトを辞めてしまうのは損だと言えます。支払額は、直近半年の給料額で決まります。月20万円ほど稼いでいたなら、失業保険で月10万円以上はもらえることでしょう。年齢によって額は変わってきますが、30代の人で14万円ほどになります。これだけのお金が90日間ももらえるので、かなりお得なシステムだと言えます。給付金が受け取れる間に、次の仕事を見つけるようにすると、生活が壊れなくていいです。こうしたお得なシステムがあるのだと知らないアルバイトの人が多いので、どのように周知するかが課題となっています。バイト先によっては、会社で保険金の一部を負担するのが嫌だという理由で雇用保険に入れてくれないところもあります。長期で働こうと思っている場合は、きちんと保険に入れてくれるか確認をするのがベストでしょう。一年以上働く場合は、あるとなしでは数十万円もの差になりますよ。保険に入っていない人は、将来のために今すぐにでも保険に入れてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です