保険料の支払は給料明細で確認

アルバイトを辞めた場合は、いきなり収入がなくなって困ってしまうでしょう。特に、仕送り等もなくその収入で生活していたのであれば影響は大きいはずです。もちろん、すぐに新しい仕事を探す必要があるでしょうが、なかなかいい仕事が決まらないと、蓄えも減っていくでしょう。「このまま暮らせなくなったらどうしよう」という不安から、面接もうまくいかないかもしれません。そんな時に、失業保険をもらうことができればかなり安心して仕事探しができるはずです。但し、失業保険が給付されるためには、大きく分けると二つの要件を満たさなければいけません。まずは、雇用保険の被保険者になることです。被保険者になると給料から保険料を天引きされますが、一定日数以上や一定時間以上仕事をしないと対象になりません。もう一つのハードルは、その被保険者の期間です。被保険者が失業した理由が、会社等の倒産や解雇、雇止めの場合は、過去1年間で6ヵ月以上働いていたことが求められますが、一般的には、過去2年間で12か月以上被保険者だったことが要件です。そう考えると、ちょっとアルバイトをしたぐらいでは、その後仕事を辞めても失業保険をもらうことができないことがわかるでしょう。また、同様の理由で、かなり長期間に渡り毎日のようにアルバイトをしていた場合はもらえる可能性があるはずです。まずは、自分の給料明細をみて、雇用保険料が天引きされているかどうかを確認するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です