アルバイトでも失業保険をもらえる

失業保険というのは、何らかのやむにやまれぬ事情があって失職をしてしまった際に、次の勤め先が見つかるまで手当てを保障するという類いの保健です。一般的に、民間の会社で働いている正社員や派遣社員に対するものだという認識があるため、アルバイトをしているときにそもそも失業保険について考えたことがないという人も結構いたりします。しかし、たとえアルバイトという雇用形態であっても、一定の条件を満たしていれば、失業保険の対象となります。具体的には、一週間に20時間以上働き、また31日以上の雇用があるということが条件となります。要するに、長期雇用のアルバイトスタッフであれば、だいたいこの条件にあてはまるだろうと見込まれます。すなわち、バイトスタッフという立場であっても、場合によっては失業手当を受け取ることができるわけです。もちろん、条件はこれだけではなく、まず保険に1年以上加入していなければなりません。ただし、会社の倒産などでやむを得ず失職したようなケースであれば、6か月であっても認められることがあります。それから、失業中は常に働く意思を要求されます。そもそもこの保険は、どうしようもない理由で働きたいけど働きない人のためにある保険制度であるので、失業中には定期的に就職活動をしているなどの条件を満たしていなければ給付を受けることはできません。失業してから最初の月なら月に1回程度、それ以降は月に2~3回の就職活動をしているということが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です