条件をしっかり満たしていないと危険です

不測の事態に陥って、やむなく仕事を辞めなければならないということもあると思います。しかし仕事を辞めてしまえば、生活費を捻出することも生半可なことではなくなってきますよね。そういった人たちのセーフティーネットとして、失業保険というものがあることを知っていますか。この失業保険というのは、正規雇用者だけではなく、パートやアルバイトの方も貰えるのです。今のアルバイト先を辞めて、次のアルバイト先を探したいフリーターの方は、ぜひ失業保険を貰った方がいいですよ!休職中や転職中、再就職活動中の生活を保障してくれる失業保険は、貴重な生活費となるため、アルバイトを辞めてしまったらまずは申請してください。失職中というのは、何かと入用もありますよね。新しい職場を探すことは一文無しでできることではなく、移動費や宿泊費などで出費も馬鹿にならないです。もしかすると、保険手当だけではやっていけないこともあるかもしれません。だからこそ、失職中にアルバイトをしておいた方が良いですよ。ここで注意点ですが、失業保険が適用されるのはあくまでも失職中のみ。アルバイトをすることによって再就職を果たしたとみなされてしまえば、保険の適用が打ち切られてしまうこともあるのです。具体的には、1週間に20時間を数え、また雇用期間が31日を超えてしまうほどに働いてしまうと、新たに就労したとみなされて、給付金が打ち切られてしまうこともあるため注意が必要なんです。そのためアルバイトをする際は、この規則をしっかりと守った範囲内で働かなければいけません。失職中というのはほんの少しでもお金を蓄えておきたいところでもあるし、働ける身体があるのであれば、働いておいた方が安心です。ではどうしたらいいのでしょうか?それは、一日だけの仕事や単発のアルバイトなら週に20時間を越えずに済むし、31日以上勤務することもないですよね。このように、単発の仕事で生活を繋ぐと共に保険料をもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です